検索する

第34回ダイワ鮎マスターズ2022 34th DAIWA AYU MASTERS 2022

大会報告・結果

第34回ダイワ鮎マスターズ2022東日本ブロック大会結果 2022.08.02
開催日
2022年7月31日(土)
開催場所
那珂川町裏地区(栃木県)
大会エリア
予選上流側Aエリア:上流限界ポイント:黒羽橋下流側~那珂橋上流側まで 予選下流側Bエリア:那珂橋下流側~下流限界ポイント:黒岩まで 決定戦エリア:高岩大橋上流約50m先の放水路~黒岩まで
天候
曇り
気温
28度
釣況
数日前から山間部で雨が続き、開催判断が難しい状況でしたが、今後の天候も安定することが見込めず、開催することといたしました、そのような状況ですので、河川の状況は好ましいものではありませんでした、競技時間中の水量は多く、濁りも入っている状況でした。それでもさすがはブロック大会に駒を進めた選手、予選トップの選手は18尾の鮎を検量に持ち込まれました。決定戦進出のボーダーラインは、A組(上流エリア)9尾、B組(下流エリア)10尾と、状況を考えると参加選手の技量の高さが光る結果となりました。決定戦は河川の状況もやや改善したものの日が差すと暑く、予選とは違う厳しい環境の中で進みました。その中で、鮎のいる場所を的確に捉えた選手が上位入賞となりました。全国決勝大会に進出した選手の皆さんには、全国制覇を目指して頑張っていただきたいと思います。進出、おめでとうございます!
いよいよ受付開始です。感染拡大防止を十分に行っています。選手の気分も盛り上がってきました。
選手の皆さんには、冷水病対策にもご協力いただきました。ありがとうございました。
大会委員長の挨拶です。好ましい河川状況ではありませんが、安全第一での競技をお願いし、選手を激励いたしました。
オトリ配布です。元気なオトリに選手も最高潮!
予選の風景です。増水・濁りのある中で選手は丁寧にポイントを攻めています。的確にオトリをポイントに入れています。
予選の検量です。続々と選手が釣果を持ち込みます。河川状況からは考えられない好釣果が続出です!
検量を終了した選手には、塩分の補給もお願いしました。この日も段々と熱くなってきました。
19名の予選勝ち上がり選手に3名のシード選手を加えた22名の選手で、全国決勝大会に向けた最後の競技がスタートしました。選手の皆さんのご協力もあり、20分スケジュールを前倒ししました。雷の予報も気になります。
全国決勝大会に出場を決めた5名の選手です。おめでとうございます! 全国制覇を目指して頑張ってください!!
東日本ブロック大会でも、BE EARTH-FRIENDLY活動にご協力いただきました。選手の皆さん、ありがとうございました。