検索する

第34回ダイワ鮎マスターズ2020 34th DAIWA AYU MASTERS 2020 開催案内・情報ダイヤル042-475-0341

競技方法

対象魚

タックル・釣法
  • 使用竿は1本のみ(メーカー名は問いません)
  • 竿の長さは6.0m以上。
  • リール・釣船の使用禁止。
  • 釣法は友釣りに限る。
仕掛け
  • イカリは3本か4本、チラシ・ヤナギは2本(2段)まで、蝶バリは1段までとします。
  • 逆バリから本バリ(掛けバリ)までの長さは15cm以内、コロガシ・ガラカケ等と間違いやすい多段バリ仕掛けは禁止とします。
    (この規定の範囲より各河川の規定が厳しい場合はその規定に従ってください)
競技方法
  • オトリを含む3尾以上の尾数で検量します。(予選・決定戦ともに)
  • 全長10cm未満の鮎は検量対象外です。
    (生死を問わず検量時の全長です)
  • 大会役員が鮮度が落ちていると判断した鮎は検量対象外となります。

予選

競技時間
  • 150分(7:30~10:00)
大会エリア
  • 上流・下流の限界ポイントにマスターズの青い旗が立っています。
  • センターの中立帯にはダイワの白い旗が立っています。
  • 上流・下流限界線から体が出たら失格となります。(竿・仕掛けは出てもOKです)
  • センターの中立帯は、上限下限同様、体が出たら失格と なります。(竿・仕掛けは出てもOKです)
    センターが中立帯ではなくセンターラインの場合は、エリア外に体が出る事も釣りをする事も禁止です。(体・竿・仕掛けがでた場合失格となります)
  • 一部の大会では予選を1エリアで実施します。
オトリ配布・スタート
  • オトリは2尾。(会場でお配りします)
  • オトリ配布順は朝抽選したワッペン裏の番号順です。
     1列目(1~50)    2列目(51~100)
     3列目(101~150) 4列目(151~200)
     5列目(201~250)
  • オトリ配布時間と試合開始時間は異なります。
  • スタート合図までに仕掛けはセット可です。
    但し、鼻カンは通さないでください。
終了
  • 川の各所で鳴るエアホーン・ホイッスル等を合図に納竿してください。
  • エアホーン・ホイッスル等が聞こえなくても各自時刻を確認し納竿してください。
  • 終了の合図と同時に掛かった鮎は取り込み可能です。
    (但し、2分以内に取り込んでください)
  • 時間になっても納竿しない場合は失格となります。
検量
  • 競技終了後30分までとします。
  • 競技終了後30分までに検量を終了しない場合は失格となりますが、検量の列に並んでいれば検量を受け付けます。
  • 検量・集計が終了次第、決定戦出場選手を発表します。
  • ボーダーラインを必ず確認してください。
  • ボーダーライン以上の釣果がある選手は、ホーンが鳴ったら本部前に集合してください。
決定戦出場
  • オトリを含む総尾数で、A・B各組より当日参加選手の上位20%までを決定戦出場選手とします。
    (1エリアの大会の場合は当日全参加選手の上位20%までを決定戦出場選手とします)
  • ボーダーライン上に同尾数選手がいた場合、対象選手全員が決定戦出場となります。
決定戦出場選手発表
  • お呼出しの合図として、発表3分前にホーンを2回鳴らします。
  • お名前を呼び出しても返事がない場合は、オトリ配布順が一番最後になる場合がありますので、ご注意ください。
  • 著しく遅れ大会の進行を妨げた場合は、審判長判断で失格となる場合がございますので注意してください。
  • 整列時に決定戦用ワッペンを配布し写真撮影・競技説明を行います。

決定戦

決定戦出場選手繰上げ
  • 予選勝ち上がり選手とシード選手でブロック大会出場選手決定戦を行います。
  • 予選終了後ブロック大会出場選手決定戦に出場する選手には、ブロック大会出場可能か否かの意思確認を決定戦ワッペン配布時に行います。
  • 出場不可の場合は決定戦出場を辞退していただき、次点の選手を繰り上げる場合があります。
    次点の選手が同尾数で複数ある場合、ワッペン番号の若い選手から繰り上げを行います。
    (決定戦出場を辞退した時、決定戦出場選手数が当日参加選手数の20%を切った場合、繰り上げを行います。)
競技時間
  • 90分(大会要項の進行スケジュールをご確認ください)
大会エリア
  • 上流・下流の限界ポイントにマスターズの青い旗が立っています。
  • 上下流限界線から体が出た場合失格となります。
    (竿・仕掛けは出てもOKです)
オトリ配布・スタート
  • オトリは2尾。(会場でお配りします)
  • オトリ配布順はシード選手、予選上位選手の順番でオトリを配布します。
  • オトリ配布後移動の際、危険防止のため先行選手の追い越しは禁止とさせていただきます。
  • オトリ配布時間と試合開始時間は異なります。
  • スタート合図までに仕掛けはセット可です。但し、鼻カンは通さないでください。
終了
  • 予選の規定と同じです。
検量
  • 競技終了後30分までとします。
  • 競技終了後30分までに検量を終了しない場合は失格となりますが、検量の列に並んでいれば検量を受け付けます。
ブロック大会出場
  • 当日予選参加選手数の20%のボーダーライン数に決定戦シード選手数を足した数の30%がブロック大会出場人数になります。その人数が決定戦出場選手の上位から割り振られブロック大会出場権が与えられます。
  • ボーダーライン上に同尾数選手がいた場合、対象選手全員にブロック大会出場権が与えられます。

その他

禁止事項
  • 車での移動・携帯電話の利用・セコンドは禁止。
  • 予選終了後、決定戦エリアでの決定戦出場選手以外の選手の釣りは禁止。
注意事項
  • ルール・マナーを守り、隣の選手との間隔は竿1本分以上空けること。
  • 予選終了後、決定戦観戦者は川岸に近づき過ぎないよう注意してください。
審判員
  • エリア内に審判員を配置します。警告を受けると失格になる場合がありますので、審判員の指示に従ってください。
時刻合わせ
  • スタート前に時刻合わせをし、以後は役員の時間で進行します。
クレームについて
  • 全てのクレームは検量終了前までに申し出てください。
  • 検量終了後のクレームは一切受け付けませんので、ご了承ください。
鮎の寄贈
  • ・検量した鮎は地元の社会福祉施設等に寄贈していただきますようご協力をお願いいたします。
予備日が中止になった場合
(途中中止の場合も同様)
  • 悪天候等、予備日も中止になった場合、ブロック大会出場選手はありません。シード選手は翌年の地区大会シードに繰り越しになります。
  • 日程により予備の予備を開催する場合があります。
大会規定

予告なく状況に応じて大会規定を変更する場合があります。

代理出場
  • 代理出場は出来ません。